NEP工業会 TOP > 製品紹介 > SPブロックⅢ-1,Ⅲ-2,Ⅲ-3型・SPグリーンⅢ型

大型ブロック積擁壁

SPブロックⅢ-1,Ⅲ-2,Ⅲ-3型・SPグリーンⅢ型

NETIS登録番号 KK-010046-V

施工写真

製品写真

製品の概要

-SpeedPrefab工法による大型ブロック積擁壁-
スピード(Speed)土留プレハブ(Prefab)工法は、ブロック積(石積)擁壁あるいはもたれ式擁壁工に代る大型ブロック積によるプレキャストコンクリート擁壁です。

製品の特徴

<SPブロック>
1.スピード土留プレハブ工法は、H11年度道路土工指針に準拠した大型ブロックであり、胴込(裏込)工を施し所定の高さまで築造します。
2.各ブロックが扶壁式擁壁となっています。底版上に埋め戻しされた砕石又はコンクリートは安定のためのカウンターウェイトとして作用します。
3.積みブロックの様な経験工学的に胴込材の決定が出来ない要素(現場条件)がある場合は、一般擁壁の様に土圧を与えて、胴込(裏込)を選定しながら安定条件を確保する事が可能です。
4.歩掛については、石積のように石工を必要とせず据付けは特殊作業員(ブロック工)と普通作業員で充分です。又、現場打ちのコンクリート擁壁と比較しても型枠工や大工など必要としない、きわめて省力的で現在の建設業界に即した工法と言えます。
5.扶壁両側面の1つの孔により、隣接する壁体をボルトにて連結するので、壁体の部分的なはらみ出しを防止すると共に施工上にも役立ちます。
6.水抜き孔は約1m2当り1個を設けており、ブロック1段毎に排水が可能です。又、吸出し防止材は一般に市販されている不織布(例:ステラシート等)が適当です。

<SPグリーン>
1.SPグリーンⅢ型の特徴はスピード土留プレハブ工法で示されるとおり大型のコンクリート製品の重機施工により工期の短縮が図れます。
2.SPグリーンⅢ型の形状は、単体が扶壁式擁壁構造となっていますので、安定性が大きく、組み上げることにより擁壁として、強固な構造物となります。
3.雨水等が開口部からだけでなく壁背面からも植生スペースの土に浸透するため、管理面での散水の必要が特にありません。
4.植栽スペースが大きく、低木類のものから中木類のものまで幅広い活着が望めます。その為施工後の景観も自然状態近く迄復元できます。
5.現場に応じて姉妹品のSPブロックⅢ-1型と併用することで、下段の視野の範囲を緑化にして上段を法留めにする組合わせ(または逆の場合)も可能です。

寸法図表・製品重量

施工図・施工断面図

参考歩掛り

施工手順

施工事例写真

CADデータ

SPⅢ型 <施工図> SPグリーン <施工図>




bt_checkMember.gif